KDANCE

Author Archive

暗黙の条件

by on 6月.05, 2018, under ダンスノート

課題があり、それの必須条件というものがある。

ダンスの振付を踊ったり、ワークショップなどでも

そういうものがあるのが、多い。

でも、明示的な条件・課題以外に

暗黙の条件というのがある。

ダンスの場合は、「ダンスなんだ」ということ。

その中に、これは考え方のいろいろがあるかもしれないが

ダンスなら、○○はしないとね

みたいな暗黙の条件があると思うのです。

ダンスに限らず、文章で語られることには、常に暗黙の背景、条件がある。

ダンスに限って言えば、「ダンスを踊っている」ということがそうだったりする。

「ダンスってこういうものでしょう!」という自分の見方・考え方が

必要だったりする。(それは体験・経験などにより変化してもいいと思うし)

(身体的な癖、パターンという話ではなく)

 

課題に対しては、よい結果を出せても、総合的にうまくいかないのは

暗黙の条件の存在を忘れてしまうからかと思う。

Leave a Comment more...

目的とコツ

by on 6月.05, 2018, under ダンスノート

よくダンスのレッスンなんかで

「○○を大切にしよう」などということを習う。いわゆるコツということ。

かなり本質的で汎用的なコツもあれば、そうでないのもある。

ここでは「コツA」としよう。

コツAをその場でそれを覚えたり、マスターしたり、知識に入れることは

あるけど、いろいろ踊っていると、コツAがとても必要だったり、必要でなかったり

邪魔だったりすることもある。

いろいろやっていく中で、コツAがまさしく大事な場面に出会うことがある。

その時に初めて、コツAが腑に落ちるし、

ああコツAをもっとやれるようにしようと思ったりする。

逆にいうと、そういう場面に出くわして、コツAに対しての意識改革が行われないと

コツAをぐっと掴むことはできないのかもしれない。

コツと目的もしくは状況がセットにならないと、コツは宝の持ち腐れになっているのだろう。

タンスの肥やし?

コツは求めれば、求められるかもしれない。

でも、状況は、求めていかないと、いけないとかもしれない。

Leave a Comment more...

フラメンコは天地人

by on 5月.06, 2018, under 日記

 Tachikawa Flamenco Festival に参加してきました。

写真はイッサム(磯村)さんです。

とても楽しかったです。

天地人の舞踏です。青空が突き抜けていました。

オーーレ!!

Leave a Comment more...

拮抗

by on 5月.02, 2018, under 未分類

フラメンコの美学とは

拮抗

なのかもと思いました。

下は土俗で、上は天上界

右も、左も、許すまじ。

まるで、ヨガのポーズのように。

ねじっても、ねじり戻す。

ドMの「中庸感」

酔っているようで、酔わない。

ぶつかりあうような、拮抗感。

中庸というような、穏やかなものではない。

ちょっと思いました。

Leave a Comment more...

ダンス、すげーと思うところ

by on 5月.02, 2018, under ダンスノート

人間て、すげーと思わせてくれるところがある。ダンスには。

いいことをしたとか、
人類に役に立つことをしたとか
記録を作ったとか
発明をしたとか
そんなことではなく

「人間ってすげー」とダンスを見ていて
思う時がある。

運動神経、身体能力、抜群のすごい動きを見ても、そうは思わない。

猿が星空を見ながら、泣いている

そういう心がざわめくようなものを、切り取るのが
人間とは、なんと凄いものだと思う。
他の動物にはないだろう。

一つの動きやポーズに、なんどもダメ出しをして、
動きやラインや間やリズムを求めていく。
そんな動物はいないだろう。

「美しさ」という価値観で、物事を見るということが、
人間って、すげーと思う。

美しさも、いろいろある。
静的な美しさもあれば、荒ぶる美しさもある。
醜さの中の美しさもある。
方向性はたくさんある。

美しさの方向性に共感して、理解したときに
美しさを共有できる喜びがある。
おそらく、マニアックであればあるほど、喜びは大きいのではないだろうか。

ダンスは、「星空を見て泣いている猿は美しい」という提示をしたのではないだろうかと思う。

手本は、いわゆる「乗り換え案内」みたいなもので、
実際に辿る自分のリアリティは、別だし、逸脱こそ、大事ではないだろうか。
「乗り換え案内」をたどっても、旅をしたとは言えないみたいに。
手本は、ライバルである。手本にひれ伏すか、手本に対峙するか。

Leave a Comment more...