KDANCE

Archive for 6月, 2017

初心者の方でも、ぜんぜんOKです

by on 6月.28, 2017, under ワークショップ

梅雨の疲労感、イライラを感じたりしてませんか ┐(´д`)┌

カラダを動かして、汗をかいて
さっぱりしませんか。

汗をかいて代謝を上げたり、
好きなように動いて気持ちを上げたり
シェイプアップ効果も高い
ワークショップやっています

そう、実は、ダイエット効果がかなり高いみたいです。
1回で1kgくらい変わったり
半年で10kgくらい減量となったりした
方が何人もいます。

カラダにいいように、いろいろ工夫していますが
そんなにキツイわけではありません。
いろんな筋肉を動かす工夫をしているせいかも
しれません。

自然な動きで、誰もが楽しく踊りを体感できます。
楽しんでもらうことが一番のテーマです。
初心者の方でも、ぜんぜんOKです。
ジャンルとかもぜんぜん気にしなくてOKです。

自分の動きたいように動いて、
それで踊りになっちゃう方法(種)を
毎回、お伝えしています。

写真は、僕が「ぐにゃぐにゃダンス」をしているところです
ヾ(=^▽^=)ノ

自分自身の踊りを発見したり、
今までになかった自分を発見することに
なるかもしれません。

で、カラダが楽しくなってきます。
そうすると、気分も楽しくなってきます。
疲労感やイライラも、自然になくなって
梅雨でも気分良く過ごせますよ。

来週の月曜やっています。
基本毎週月曜日です。
ご興味ある方は、ぜひこちらをご覧ください。

http://kamita.net/kdance/?page_id=34

初心者の方でも、ぜんぜんOKです はコメントを受け付けていません。 more...

ゆらぎの踊りのWS

by on 6月.27, 2017, under ワークショップ

今日のWS。
えーと、ループじゃなくって
グルーブする感覚でスタート。
回転運動を楽しみながら、誰もができる簡単なステップから。
脂肪燃焼回路をオンにさせて。

それぞれの動きがちょっとくらい違っていたって
構わない。
その人のカラダの道理をまずは、肯定していくのが
このWSの基本。

軽い筋トレを少し入れて、さらに
筋肉を刺激。
体づくりも少しいれているので。

その後にまた、音楽のイメージを大切にしながら
遊ぶような動きでエクササイズをしました。

適時水飲み。
その後に、今日のテーマの「ゆらぎで踊る」

揺らぐって、1/fとか言われるように
人の快感の一つのリズム。

背骨の蛇腹を繋いで楽しむ。
横にゆらいだり、縦にゆらぐ。
縦に揺らぐと、ベリーダンスのアンジュレーションのように
なったり、さらにそれをもっとダイナミックに
やってみたり。

それだけだと、ちょっと飛躍しないので
足取りだけを決めて、上半身は自由に創ってもらう。
ゆらぐと不安定になるので、上半身でバランスをとることに
なるので、それを各自で創ってもらう。
即興でいいんですが。
ある意味、クリエイション。

気持ちよく揺らぐだけでもいいし、
体重移動幅を大きくして、限界に挑むのもいい。
手の動き、肩、胸の動きもその大きさに自然に合わせる感覚を
感じてもらう。
振付で全部決めちゃうと、バランス的には崩れることが多いし、
カラダが固まっちゃうので、今回はそうやってみた。

音楽に対して、オンリズムの早い動きもあれば
すごくゆっくりの動きで、リズムに耐える時間も
作ってみた。いきなりのスロー。
後半は、音楽をかけて、舞台のようにしつらえて
フリーパート
ちょっと振付パート
また、フリーパートと
それぞれの創造性に任せながらも
その中に振付や音楽への意識を保ってもらったり。
振付と感覚の共存を意識してもらったり。

止めを入れないように、どの部分も揺らいでいるように
というのが、今日のダンスの種。
だから、振付が正しくできても意味がない。

いろいろな組み合わせで、ペアで踊ったり
トリオで踊ってもらったりして、
空間全体を感じてもらう。

最後のクールダウン?は、
「ぐちゃぐちゃに踊ってみて」というテーマ。
他人のそれを自分の踊りの中に、取り込んでもらいながら
踊りを共有してもらう。
自分の中の「ぐちゃぐちゃに踊るとは?」
「好きなように動くとは?」に向き合ってもらう。

「楽しんで踊る」というのが、ベースのテーマだから
WSをやっている自分自身が、そのように努めている。
「振付どうりじゃなくてもいい」と言っているから、
自分から率先して、「振付崩し」もしようとしています。
全部崩しちゃうと、それでも意味がなくなるから、
根幹は残しつつ、気持ちにしたがって、踊るということに
努めています。
だから、ダメかもしれない見本だけど、
やりたいことをやっている見本を見せているつもり。
あとは、カラダから発する光の方向線を意識してもらいたかったので
ある工夫をして、実際に光を出して、エクササイズしてもらったり
しました。

それぞれが、自分の踊りを体験してもらったなら
それが種になるかと。

カラダのシンメトリーを意識して、ちょっとストレッチで
バランス調整して終了。

また、ワークショップやります! ヾ(=^▽^=)ノ

ゆらぎの踊りのWS はコメントを受け付けていません。 more...

体と会話する時間を日常に作る

by on 6月.26, 2017, under ワークショップ

新スタイルのWSのテーマの一つが
「自分の体と会話する」ということです。
日常的に、頭や手などに集中している体づかいをしていると
どうしても自分のカラダ全体を忘れがちになります。

 WSでは、
・自分のカラダと対話することで、カラダだけでなく
精神的なメンテナンスも図ります。
仕事や日常作業ばかりでストレスが肩こりや腰痛などに
行く前に、回避することができます。
・ストレスに於いては、一度自分のカラダと向き合うことで
頭を空っぽに、楽な状態に戻すことができます

僕自身が、仕事はパリバリのPC作業ですが、
このようにカラダと対話することで、
PC作業のデメリット(眼精疲労、肩こり、腰痛)などを
うまく回避しています。

カラダと対話するのに、一番いいのが
音楽を聞いて、好きなようにカラダを動かすということです。
ただ人は、そういうことすら、心のブロックがあったり
そういう気持ちにすらなれなくほどのストレスがあったり
しますので、ワークショップで刺激しながら、
うまくカラダと気持ちを乗せていきます。
 

今日のWSも次の3つはかかさずにやります
・できるだけいろいろな筋肉を使ってみる
・音楽を聞いてイメージ化して、カラダにフィードバックしてあげる
・踊りで好きなように遊んでみる
 

おそらく、日常の疲れが吹き飛ぶはずです。
イキイキとしたカラダを感じ出すはずです。
 

ご興味ある方は、ご参加下さい。
本日19:45から 毎週月曜やっています(たまに休みがあります(*^^*))
詳細はこちらに書きました。
http://kamita.net/kdance/?page_id=34

体と会話する時間を日常に作る はコメントを受け付けていません。 more...

Looking for something?

Use the form below to search the site:

Still not finding what you're looking for? Drop a comment on a post or contact us so we can take care of it!