KDANCE

体内のリズム感

by on 12月.02, 2008, under Note

最近、体内感覚で気をつけていることがいくつかあります。

ひとつ、呼吸を止めないこと。いろんなところで、呼吸がとまりことがあります。
なにかびっくりしたりとか、あまりになにかに集中したりとかで、
そういう時にも、できるだけ、さっさと、ゆっくり呼吸に戻すように。

ひとつ、歩くときに、必要のないところは、できるだけ弛緩させておくこと。
いわゆる「気があがる」と、上半身に力が入るので、歩くのも、
ちょっとしたトレーニングのつもりでやろうと。

電車で、座れたら、1分でもいいので、瞑想。
つまり、できるだけ余分な力を抜いて、目をつぶり、なにも考えないこと。

仕事、とくにPCなどを使っているときのリズム感。
これもゆったりテンポ、どちらかというと、スローに落としておくこと。
この方が、結局、よい仕事がスムーズに進むと思っているので。

そうだなあ、この生活というか、体内のリズム感がもっと適材適所に
変えられると面白いだろうなあ。スローばかりだと、アップテンポに
なりにくくなってしまうし、アップテンポばかいりだと、リズムに
振り回されるし…。

http://kamita.net/kdance/

コメントは投稿されていません

Comments are closed.

その他の記事

内転筋
ちょっと見たい映像などをここに集めていきます
Ballet А6 – “Canvas” (“Полотно”)
KDANCE Theater2017  1/28,1/29にグループでダンス出演
脳の話の最新本
「人形振り」について
7/8 出演【東京創造芸術祭2018】
Dance Medium 舞踏公演 出演します 2016/6.17-19
性格や考えや価値観を自分だと思うこと
KDANCE-PROJECT
立川フラメンコフェス
ソウル国際振付フェスティバル2016 (SCF)
SPCFES15 に参加
振付を踊る
少し前にやった川崎での踊りの衣装です(^^)/
5.24作品制作メモ 浮く手
ムーンウォーク
古関すま子さんとデュオ踊りました ちょっと昭和ムード?
舞踏駅伝2016参加します
@jessieware @_dariusmusic “Champagne Kisses” by Mike Song (Freestyle) | KINJAZ
フラメンコ発表会
健康とダンス
古関すま子さんの舞踏ワークショップにて特別講師担当
2014年10月のWS開催予定
ダンスシアター出演者、スタッフ募集
KDANCE 忘年会 12月28日によかったら来てください。
時間はクオリティを担保する
「体の動かし方」の一つでしかない
Jabbawockeez at World of Dance Bay Area 2014
来週は
ダンス馬鹿5 2008年12月21日に出演
太陽光とカフェオレ
狭い意識
それが美しさだということを忘れないぞ!!
7/2,7/3はSPCFESにてソロ。7/24はアンダパンダン展にてソロ踊ります
イメトレ
無重力感
1月25日の金曜日はKDTのレッスンはなしです。
コンセプトのある動き、テーマ、シークエンス、流れ
11/1 中野文化祭で踊ることになりました
回転 BPM130 二回転 むずい
KDANCE PHOTOS スライドショー
真似男
一山超えたか
先週のクラスの自分の振り返り
12月16,17日にSPCFESに出演します
ソロとデュオ
KDANCE トレーニングクラス
facebookを一週間やめてみます
Facebook離れ その後
サルサ入門クラスメモ
グループ感、ムーブメントなどのポイント
ウォームアップ
足が冷え性の方へ シンプルな改善方法
韓国パフォ
3/9のパフォーミングナイト終了
踊る前の前日の儀式?
PERFORMING NIGHT 12/8 & 12/18
路上ダンス
公演案内 12/19.20 ダンスシアター「トラベラーズ」
スタジオ横の珈琲専門店
ナカノプラプラ出演 2016年3月4日
即興セッション会 mip をします 参加者募集中
昨年ACKID2008公演の様子
ダンス、すげーと思うところ
12月22日、23日にアンサルブル公演予定
クオリティを良くすれば、芸術は立ち上がるのかもしれない
久しぶりに即興で踊ります
ジムに登録
故障しながら前に進む
ダンスって
9/15などに踊ります。久しぶりのソロです。
世界の一部でしかない
SPCFES 13 にて「水滴うがつ身」ソロ踊ります。
よくある体とイメージの体
ロボットダンスに挑戦
東京創造芸術祭2018の抜粋動画です
ソロ舞踏「水滴 うがつ身」踊ります
Diana Vishneva: Beauty in motion – F.L.O.W part III