KDANCE

足の上げ下げ 発見

by on 11月.11, 2017, under ダンスノート

僕ら(日本人?)は、足を下ろす時に「踏む」という。

「踏む」とは、「踏みつける」に近い。

つまり、力を掛けて、足で床・大地を踏みつけるのだ。

でも、考えてみれば、高いものを下にする時は、

重力の働きがあり、「力を抜けば」いいだけなのだ。

それなのに、わざわざ、「踏みつけている」のだ。

1,2,3とカウントいいながら、ステップをする時に

踏みつけているのだ。

踏みつける、「強さ」がアクセントになる。

じゃあ、その、足を離した時はどうなっているかというと

緩めて、離しているだけなのだ。

離している時は、意識はボケている。

だから、

だから、

裏カウントをつかめないままなのだ。

実は、まったく逆なのだ。

足を上げる方が、大変なはずじゃないか。

重いものを、わざわざ、上にあげるのだから。

わざわざ上げる時には、あげる力を使う

つまり、意識を使う、筋肉を縮めるはず。

そして、緩めて、足を床に置くのだ。

「踏む」のではない。

ラテンやアフリカンの足が、しっかりあがり

リズムに秀でているのは、そういう理由だ。

つまり、裏カウントの方が、意識も力も使うのだ。

見た感じの違いをずーと、なんか違うなあと思っていて

形を見比べて、実際に自分でやってみて、

発見しました。

もっと具体的に言えるけど、

このページでは、ここで抑えておきます。

だから何って、話になるけど

それは、まるで歩き方が、違うことになるということです。

コメントは投稿されていません

Comments are closed.

おすすめ記事
ソロとデュオ
2015年10月19日のWS内容
人気記事
足が冷え性の方へ シンプルな改善方法
だんだん、「血行」マニアになってきた
振り付け
9/15などに踊ります。久しぶりのソロです。
1/11 ソロダンス公演KDANCE
構想を振り出しに戻し
Kenneth Kvarnström MERCURY – Sydney Dance Company
中野文化祭にて11/1の15時40分より2作踊ります
ちょっと言いたい放題かなあ 振り付けとダンスについて
「体の動かし方」の一つでしかない
よくある体とイメージの体
姿勢と呼吸
新宿のストリート
ソロ舞踏「水滴 うがつ身」踊ります
Uzbek Dance Movie – Dilhiroj
ワークショップ内容
リズム感
ダンスシアター公演 18日の状況
11/1 中野文化祭で踊ることになりました
ソウル国際振付フェスティバル2016 (SCF)
1月25日の金曜日はKDTのレッスンはなしです。
ワークショップでの即興エクササイズ ダンス
ミーティングの前に
ダンスって
映像 11/1 中野文化祭「白い顔の男」
2017年に向けて来年の創作構想(へそ茶が湧きそうな話ですが)
2010春 公演出演者&ワークショップ参加者募集

Looking for something?

Use the form below to search the site:

Still not finding what you're looking for? Drop a comment on a post or contact us so we can take care of it!