KDANCE

踊り欲、ダンス禁欲

by on 12月.12, 2008, under 日記

踊り欲、どれくらいあるんだろう?

芸術欲も。

踊りたいって思うこともあるし、今は踊りたくないって思うこともある。

最近は、ダンスシアターとパフォーミングナイトで、踊り欲がかなり食われている。

実は、けっこうここ最近、いろんな出演依頼を断っている。本当に申し訳ない。

ちょっと、ダンスシアターに集中したいので。欲をそこにつぎ込みたいので。

ある意味、ダンス禁欲している。

でも、今日のローリングライブは、誘われた。

踊りというか、表現したくなった。空間に身を投じたくなった。

今日は映像がまるでテーマのように、2組とも映像とのコラボだった。

ダンスシアターである意味、振り付けしているせいか、

自分の踊りは、みんなの踊り。

僕は、たまに踊りたくなくなるダンサーです。

踊っていない時間をちゃんと持たないと、踊れない。

コメントは投稿されていません

Comments are closed.

その他の記事

ウォームアップ
7/2,7/3はSPCFESにてソロ。7/24はアンダパンダン展にてソロ踊ります
ダンスシアター 2012年6/14 出演者募集
だんだん、「血行」マニアになってきた
ダンス馬鹿5 2008年12月21日に出演
3/9のパフォーミングナイト終了
それが美しさだということを忘れないぞ!!
振り付け
映像 東京創造芸術祭2015
踊る前の前日の儀式?
5.24作品制作メモ 浮く手
一山超えたか
ダンスって
昨年ACKID2008公演の様子
1/11 ソロダンス公演KDANCE
Diana Vishneva: Beauty in motion – F.L.O.W part III
制作メモ KID & ダンスシアター 09/04/16
寒い冬に簡単に暖をとる方法 お金もかからない
太陽光とカフェオレ
Uzbek Dance Movie – Dilhiroj
今日 7/24 のレッスン
SPCFES 13 にて「水滴うがつ身」ソロ踊ります。
世界の一部でしかない
2014年11月16日 下記のイベントにて、ソロ舞踏作品「砂漠と月と男」を踊ります。
2つのイベントでソロ踊ります  2017年 7/30と8/6
作品への出演者(ダンサー・各種パフォーマー)募集
Dance Medium 舞踏公演 出演します 2016/6.17-19
リズム感
PERFORMING NIGHT 12/8 & 12/18
無重力感
2010春 公演出演者&ワークショップ参加者募集
ダンスシアター プレ公演まもなく
2012年1月13日 作品発表 coherence
9/15などに踊ります。久しぶりのソロです。
8/14 火曜 は、KDT トレーニングクラスは休みです
再演・舞踏デュオ公演 バガボンド(vagabond)
Facebook離れ その後
ちょっと言いたい放題かなあ 振り付けとダンスについて
時間はクオリティを担保する
ワークショップ参加者募集中
「ダメ出し」とか
KDANCE PHOTOS スライドショー
ちょっと見たい映像などをここに集めていきます
古関すま子さんとデュオ踊りました ちょっと昭和ムード?
Kenneth Kvarnström MERCURY – Sydney Dance Company
KDANCE-PROJECT
ワークショップ内容
” kazuki ” Bad Blood / NAO “@En Dance Studio SHIBUYA
ゆらぎの踊りのWS
新作 互(Coherence) KDANCE & Ruby
2009年 明けましておめでとうございます!
Kダンスシアター ダンスレッスン&公演参加者 募集案内
空間みつめて1.5時間
体内のリズム感
Facebookから離れHPにいろいろ
新宿のストリート
ムーンウォーク
性格や考えや価値観を自分だと思うこと
かたーい体を柔くする その3 猫背直しについて
2015年6月10日(水曜日)と14日(日曜日)に踊ります
先週のクラスの自分の振り返り
facebookを一週間やめてみます
KDANCE トレーニングクラス
今日のジュース
最近の自分の身体観
かなりダンス馬鹿
イメトレ
2017年5月7日、28日「ボティコントロールをモノにする!」 2日間ワークショップ
SPCフェスで振付作品発表と、さらにソロ踊ります。
感想いただきました 東京創造芸術祭での踊り
クオリティを良くすれば、芸術は立ち上がるのかもしれない
●KDANCE メールニュース
Jabbawockeez at World of Dance Bay Area 2014
振付を踊る
作曲で手間取っています
浮かぶ感じ
DanceDanceMusic@横浜ダンスコレクション!屋外パフォーマンス
「人形振り」について