魔の満月 i – 1(岩窟に刻まれた扉は……)

i – 1

岩窟に刻まれた扉は開き戸ではない
灯影の妖し気な揺らめきにも似た地下への最初の踏査はとうにダイナモの白熱的な好景気になる
我が主人公“物質の幻惑”は古代史のうちをさまよっている
ポラリザシオンに関する諸々の作品行は すでに皆既蝕のただなかでペンギンどもとともに金環をみせて結晶している
百数十種の奇態な動植物の浮彫に装飾されている自然石
象牙製の角坏に巣くうグリュフォンやミトラ または爪先立ち両手を差し伸べるエロスを高々と頭上に掲げる勇者の宴は祭奠さいてんの頌歌をあふれださせている
おお これら象形のガーターよ
鍵穴や錠前や暗号もなく 重力のちょっとしたつりあいによって轟音とともに財宝を示すのは母なるイシスの言葉である
言葉はさらに言葉を喰いながら大いなる衍文に興じている
未来的な断言に憑かれている網膜反応は何という風呂屋の安っぽい鏡なのだ
火葬場のかまどの高熱状態へとなだらかな上昇曲線を遂げてゆく地面の火照りと 魚のような臭気を発する硫黄ガスが肢体を充分に浸してゆくと それに伴い エルドレの緑の望郷は寸断される
白紙の平原の縁辺はそれほどに鋭く剣呑な切り口となっていて 活動期の火山の証拠が叙述されている
だがそれもこの断崖を中心に数百メートル四方の凹凸の部分だけであり 右方の崖下には白雪に洗われた古代樹木 たとえば月桂樹の幹や枝が骨を剥き出しにしている
左側は漆黒の緞帳を垂らし 忌しくも危険な儀式を執り行う祭壇を思わせるように 鬼気凄々とした濛気が漂っている
そしてエルドレの真下では 茹だった血潮が炎を噴きながらどろどろ渦を巻いている
谷底のそれらの境界がどのような魔法によって織り分けられているのかは知る術もない
だがその妖婆の鍋底から弾け飛んだに違いない巨石は 火山岩でも火成岩でも ましてアルケミーの産物でもない
丸くつるつるとしてひとときの安らぎを与えてくれた巨石は 古代から宇宙の衰退を凝視ていた白亜の卵なのである
それは主の誕生とともにあり そのまま孵ることなくその悲しみを充溢させて石化したのである

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください