KDANCE

無から有が生み出される時

by on 12月.05, 2017, under 日記

今日は、ダンスで振付をしたり、それを振り渡ししていました。

ダンサブルなシーンもあり、舞踏的なシーンもあり。

本当になにもない時間の数分の中に、音楽や動きが生み出されるのって

僕は好きです。

ダンスの話だけではなく、仕事でも、未来の時間の中に

ぼやっとした企画が生まれ、それがラフスケッチを持ち、

仕様詳細をもち、最後は現実化する。

形になる。そういうのは、僕は好きです。

色があったり、ラインがあったり、リズムがあったり。

仕事でも、物事の展開には、リズムがあります。

リズムがなければ、人は動きません。

テンポがよいから、理解しやすい。

でも、テンポが良すぎると、疑ってしまう。

仕事にも、色がある。色彩がある。局面局面において。

朝起きてから、寝るまでの時間にも、ラインが惹かれ、

色合いがあり、リズムがある。

だから、一日をどう過ごそうかという、デザインするのも

好きです。

奇抜な線を引こうとするわけではありません。

一本の線を引いて、「今日は小気味よい線を引けたかな、大胆な線を引けたかな」と

味わうだけです。

踊りの振付は、そういうことの凝縮です。

味合うと、とても豊潤です。でも、触ることすらできません。

消えてなくなるものです。

踊り終わった後の、舞台にはなにも残りません。

風のようです。

ピラミッドみたく何千年も、keepしている建造物も

宇宙の時間から見たら、ミジンコの屁みたいなものでしょうが

ダンスというものは、消えることを最初から想定されています。

でもね、最終的には、「いいんです」

「いい」と思う自分がいれば。きっと何事も。

だって、何事も、ミジンコの屁みたいなものですから。

(ミジンコさん、すいません。屁をするかどうかも、知りませんで書きました。)

コメントは投稿されていません

返信する



おすすめ記事
路上ダンス
つい延長してしまう
人気記事
サルサ入門クラスメモ
昨年ACKID2008公演の様子
5.24作品制作メモ 浮く手
Diana Vishneva: Beauty in motion – F.L.O.W part III
一山超えたか
即興セッション会 mip をします 参加者募集中
男女論
「どこへ行く?」公演終了
ダンスシアター 2012年6/14 出演者募集
東京創造芸術祭での即興ダンス
2つのイベントでソロ踊ります  2017年 7/30と8/6
内転筋
体と会話する時間を日常に作る
” kazuki ” Bad Blood / NAO “@En Dance Studio SHIBUYA
流れるようにをテーマに
再演・舞踏デュオ公演 バガボンド(vagabond)
踊る前の前日の儀式?
ゆらぎの踊りのWS
舞踏駅伝2016参加します
2013年10月20日(日曜日) 即興ダンスソロ×6 VS DJ
11/1の中野文化祭 紹介ペーシに掲載してもらいました
タンゴじゃ!
1/11 ソロダンス公演KDANCE
体内のリズム感
Uzbek Dance Movie – Dilhiroj
即興と登山
ロボットダンスに挑戦
1月25日の金曜日はKDTのレッスンはなしです。
KDANCE-PROJECT
韓国パフォ

Looking for something?

Use the form below to search the site:

Still not finding what you're looking for? Drop a comment on a post or contact us so we can take care of it!