KDANCE

blog


小周天やら大周天と、ブレイクダンス、ローリング

by on 7月.29, 2018, under Note, 日記

最近、20代の頃にやった気功やらいろいろ振り返っていて

「小周天」「大周天」って、なんだったんだろうかとふと、寝る前に考えました。

「振動」「バイブレーション」「波長」というものを上げたり、整えたりとはなんだろうろうか

音楽でいうところのHz

たんに上げていくということなんだろうか。

「人には波長がある」「波長が合う」というけれど

ここでいう波長って、Hzのことを言っているはずだよなあ。

音色っていうのは、その基本波長に取り巻く、様々な子波長の組み合わせ。

ということは、やはりその基本波長が、もっとも大事な波長。

人間が波長を出しているならば、それはそれは細胞や臓器、血流などの循環性のあるもの。

↓ (寝る前の思考をそのまま思い出せないけど)

細胞が、臓器が生き生きとしていることが、もっともよい波長になると考えられそうだけど

赤ん坊は、それを意識できない。

小周天や大周天は、「気を運ぶ」というのは嘘で、「気を運ぶ」というイメージをネタに

細部の意識化、神経とその肉体の部分をつなげる訓練なのではないか思った。

神経をつなげることで、より活性化できる。

つまり、部分意識化のエクササイズなのではないだろうかと。

「大周天」については、後から。

「小周天」のルートは、チャクラがあり、チャクラが子ヴァイブレーションの元となっているのではと。

各チャクラのバイブレーションが重なり合い、融合して「オーラ」というような波長になっていく。

これが、個人の「波長」の作り方ではないだろうかと。

だから、「波長を上げる、整える」とは、チャクラパーツを含む、肉体の各パーツ(最終的には細胞くらいまで)を

生き生きとさせ、息づかせることなのではないだろうか。だから「呼吸」が大切になる。

部分意識化の訓練ということなら、ブレイクダンスのイメージのボールや流れが

体中を動いていく「ロール」がある。

「小周天」よりもダイナミック。

ルートは自分で決められる。だから、センタリング以外の部分、チャクラ以外のパーツも活性化できる。

各部分を味合うということに関しては、ゆっくりさが必要なので小周天のようなゆっくりさが必要だが、

ダイナミックさでは、ブレイクダンスのロールの方が、先進的な方法ではないかと思う。

大周天は、体の外にまで意識や気を運ぶイメージを伴う。

ブレイクダンスのロールもまた、トリック的にそういうことを行うことはよくある。

「認識するもの」と「認識されるもの」に分けた場合は、体の内と外の違いは意味がなくなる。

「小周天」から「大周天」へのステップは、そういうことを言っているのではないかと思う。

同様の理屈で、過去も未来も現在も、多元宇宙みたいなもの、夢も、「認識されるもの」は同じでないかと。

「自分」というものさえ、認識しなければ、「自分」という枠を、ふっと忘れられる。

体は「空だ」といもいう。枠の中は、空で。その枠もまた幻想的かもしれない。

体の中に風が吹く。

Leave a Comment more...

男性の踊り、女性の踊り

by on 7月.24, 2018, under 日記

ちょっと呼吸法などをやっていたら、背骨のゆらぎに誘われて

フラダンスに興味が湧き、ハワイアンミュージックで踊ってみた。

なんちゃってフラダンスである。

自分のイメージと比べると、自分の体のゆらぎはまたまだのようで

検索して映像を見ようと、「フラダンス 男性」で検索。

思ってたのと違う、いわゆる男性踊りの映像しか出てこなかった。

見たかったのは、女性のフラダンスのように、ゆらぎをメインにしたダンスなんだけど。

ベリーダンスもそうだけど、

男性と女性のダンスの垣根が強すぎると思った。

なんで、ダンスを性別でこんなにも、踊り方を区切る必要があるのだろうか。

肉体には、性別はあるかもしれないが、踊るってことについては、別になあと思う。

自分がそういうダンス的なことに関しては、垣根がないのは

舞踏(暗黒舞踏)の影響かもしれない。

多くの男性の舞踏家が、女性の衣装などを着て、男性の姿で、女性性を踊るということをやっている。

代表的なのが、有名な大野一雄さんだったりする。

だから、そういうのにとても馴染みがある。

 

女性のフラダンスのような動きをするには、背骨や腰回りなど

男性が問題となりそうなところへの、解決ともなる要素がいっぱいだと思うのだ。

それにしても、ハワイアンミュージックを聞きながら、呼吸を回すと、よく合いますね。

水が流れ、波が漂い、風が通っていくイメージにぴったり。

滞りがありません。

Leave a Comment more...

東京創造芸術祭2018の抜粋動画です

by on 7月.11, 2018, under 日記

ピアノ 小森俊明氏との即興セッション 35分

東京創造芸術祭2018の抜粋動画です はコメントを受け付けていません。 more...

暗黙の条件

by on 6月.05, 2018, under Note

課題があり、それの必須条件というものがある。

ダンスの振付を踊ったり、ワークショップなどでも

そういうものがあるのが、多い。

でも、明示的な条件・課題以外に

暗黙の条件というのがある。

ダンスの場合は、「ダンスなんだ」ということ。

その中に、これは考え方のいろいろがあるかもしれないが

ダンスなら、○○はしないとね

みたいな暗黙の条件があると思うのです。

ダンスに限らず、文章で語られることには、常に暗黙の背景、条件がある。

ダンスに限って言えば、「ダンスを踊っている」ということがそうだったりする。

「ダンスってこういうものでしょう!」という自分の見方・考え方が

必要だったりする。(それは体験・経験などにより変化してもいいと思うし)

(身体的な癖、パターンという話ではなく)

 

課題に対しては、よい結果を出せても、総合的にうまくいかないのは

暗黙の条件の存在を忘れてしまうからかと思う。

Leave a Comment more...