公開用のページです。ログインしてなくても閲覧可能です。

ダンス、すげーと思うところ

人間て、すげーと思わせてくれるところがある。ダンスには。

いいことをしたとか、
人類に役に立つことをしたとか
記録を作ったとか
発明をしたとか
そんなことではなく

「人間ってすげー」とダンスを見ていて
思う時がある。

運動神経、身体能力、抜群のすごい動きを見ても、そうは思わない。

猿が星空を見ながら、泣いている

そういう心がざわめくようなものを、切り取るのが
人間とは、なんと凄いものだと思う。
他の動物にはないだろう。

一つの動きやポーズに、なんどもダメ出しをして、
動きやラインや間やリズムを求めていく。
そんな動物はいないだろう。

「美しさ」という価値観で、物事を見るということが、
人間って、すげーと思う。

美しさも、いろいろある。
静的な美しさもあれば、荒ぶる美しさもある。
醜さの中の美しさもある。
方向性はたくさんある。

美しさの方向性に共感して、理解したときに
美しさを共有できる喜びがある。
おそらく、マニアックであればあるほど、喜びは大きいのではないだろうか。

ダンスは、「星空を見て泣いている猿は美しい」という提示をしたのではないだろうかと思う。

手本は、いわゆる「乗り換え案内」みたいなもので、
実際に辿る自分のリアリティは、別だし、逸脱こそ、大事ではないだろうか。
「乗り換え案内」をたどっても、旅をしたとは言えないみたいに。
手本は、ライバルである。手本にひれ伏すか、手本に対峙するか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。