KDANCE

ちょっと言いたい放題かなあ 振り付けとダンスについて

by on 5月.04, 2013, under 未分類

海外では意外と、振付家とダンサーが分業していると以前聞いて

僕も振り付けの方を選ぶことなった経緯があります。

交じり合うグレーゾーンはあるにしても

分業はあっていいと思っています。

振り付けは作品の骨格をつくればいいのかと思う。

芝居の脚本のようなところまで。

同じ振り付けをとてもうまく、素敵に踊る人と、そうでない人がいる。

どうしてか?

それは、体の知識の違いなんだと思います。

素敵に踊る人は、どうすれば素敵に見えるかを知っていて、それが
できるだけの練習をして、身につけているから。
それだけなんだと思います。

でそこのノウハウは、振付家がもつのか、ダンサーが持つのかといえば
本来は、ダンサーの分担かなと思うのです。

とはいえ、そのノウハウ自体が、作品の微差を作り
微差が仕上げになるので、大きく違いを生むことになるかと。

振り付けは脚本のようであってもいいと思います。
それをどういう演技で仕上げていくかは、役者であるダンサーの力量。

僕が全然踊れなかったジャンルで、それでも作品を作り、
それをそのジャンルで踊れる人が踊ってくれたら、とても素晴らしい作品に
なったことがあります。
彼らは作品を作ることは不得手であり、僕は得意だったし。
彼らはそのジャンルを作ることは踊ることは得意で、僕は不得手だった。
そういうことが成立してもいいのになと思います。

日本ではダンサーと振付家が同じになりすぎているかもなあと。
そうであってもいいが、ほとんどそうだで、違うケースが少ないなと。

あるジャンルでとても踊れるダンサーが、別のジャンルに行くと
メタメタに踊れなかったりする。

それは、そのジャンルのための体の知識がないから。

ダンサーが獲得すべきは、体の知識なんだと思う。

僕も、ダンスのレッスンを受けると、結局はいつもそう思う。
その知識になるレッスンに価値を置くし、コストパフォーマンスも感じる。

僕は、ダンサーとは思っていないので、
レッスンを受けると、実はなんのためにレッスンを受けているのかなあと
いつも思っていました。

個人的な趣味なんだと思います。
そうやって動けば、いいんだ。なるほどなあというものを拾いたくて。

でも、レッスンみたいなこともしている。
なにをしているかといえば、ノウハウを伝えることをメインにしています。

レッスンを受ければ、うまくなると勘違いしている人が多いような気がします。

僕はこれまで踊ってきて、それは違うなあと思います。

受けた回数や時間ではなく、ノウハウを取得したかどうかだけなんだと思います。

つまり、漢字の書き方を覚えたかどうがだけ。

漢字のレッスンに何回でるかではなく。

もちろん覚えるには、時間が必要。

だから、最近ダンスをうまくなるには、「時間が必要だあー」とか
思っているわけ。

だって、漢字が書けるようにならないといけないということだから。

どれだけ、レッスンを内部消化したかが、大事。

作品を今後いろいろ作っていくためにも、いろいろなジャンルを横断的に
体験していますが、一度、自分の体の中の知識に収めて、
いつか振付の中にすべてアウトプットしようと思っています。

うまくなるために、振り付けを覚える記憶のための時間を使うのは
僕は無駄だと思っています。

うまくなるためには、振付はうまくなるための振り付けを短く
エクササイズとしてやるのには価値があると思います。

うまくなるという視点では、振り付けに価値があるのではなく、
その振り付けをうまく踊るためのノウハウにこそ価値があると思います。
だから、そういう視点でレッスンを取捨選択しているし、
僕もレッスンではそういう視点でしています。

僕がダンスを学ぶ理由は、きっと新しい発見がまさまざと
たくさんいつもあるからなんだと思います。

それがとても楽しい。

楽しかったことが多々あれど、けっこう慣れて飽きてしまうことも多い。

たとえば、飲み屋街に楽しく飲みにいろいろ行っていたことなど。
うん、もうそれは飽きた。代わり映えしなくなったから。
そういうこと。

でも、ダンスは学ぶことも多く、価値観がひっくり返されることもおおい。
たとえば、拇指球重心が正しいと思っていたら、カカトだよと言われたり、
土踏まずじゃないという話にもなり、それって、土台の根幹が変わるし。

ダンスをしている友人や知人は多いけど、
振付家をメインでしている友人や知人は少ないので
ここで、ちょっと語らしてもらいました。

あと、ダンサーには踊れる醍醐味がある作品が必要なんでしょうね。
そういう作品を提供したいなあと思います。

体をもてあましているダンサーも多すぎるかと。
踊りへの要求度の高い作品もきっと必要なんだと思います。

ダンサーが長い時間をかけて培った力を、存分に見れるような作品を見たいし
できれば作りたい。

コメントは投稿されていません

Comments are closed.

その他の記事

手帳
イメトレ
ジムに登録
男性の踊り、女性の踊り
facebookを一週間やめてみます
Ballet А6 – “Canvas” (“Полотно”)
無から有が生み出される時
今日11/9のKDTクラスお休みです
脳の話の最新本
Kenneth Kvarnström MERCURY – Sydney Dance Company
今日の稽古まとめ
ワークショップ内容
無重力感
ダンスシアター出演者、スタッフ募集
ナカノプラプラ出演 2016年3月4日
1月25日の金曜日はKDTのレッスンはなしです。
フラメンコ踊ってきました
振り付け
一山超えたか
Uzbek Dance Movie – Dilhiroj
ゆらぎの踊りのWS
感想いただきました 東京創造芸術祭での踊り
2014年10月のWS開催予定
Jabbawockeez at World of Dance Bay Area 2014
かた~い体を柔くする その1
3/9のパフォーミングナイト終了
2014年11月16日 下記のイベントにて、ソロ舞踏作品「砂漠と月と男」を踊ります。
小周天やら大周天と、ブレイクダンス、ローリング
コンセプトのある動き、テーマ、シークエンス、流れ
音の学び
サルサ入門クラスメモ
足が冷え性の方へ シンプルな改善方法
再演・舞踏デュオ公演 バガボンド(vagabond)
かたーい体を柔くする その2 姿勢について
寒い冬に簡単に暖をとる方法 お金もかからない
7/8 出演【東京創造芸術祭2018】
だんだん、「血行」マニアになってきた
来週は
真似男
Dance Medium 舞踏公演 出演します 2016/6.17-19
グループ感、ムーブメントなどのポイント
体と会話する時間を日常に作る
故障しながら前に進む
姿勢と呼吸
振付を踊る
映像 東京創造芸術祭2015
映像 11/1 中野文化祭「白い顔の男」
拮抗
2009年 明けましておめでとうございます!
流れるようにをテーマに
ロボットダンスに挑戦
SPCフェスで振付作品発表と、さらにソロ踊ります。
韓国パフォ
時間はクオリティを担保する
12月22日、23日にアンサルブル公演予定
バランス 「乗っける」と「集める」の違い
浮かぶ感じ
●KDANCE メールニュース
wave三昧
世界の一部でしかない
東京創造芸術祭2018の抜粋動画です
「人形振り」について
内転筋
2015年6月10日(水曜日)と14日(日曜日)に踊ります
新作 互(Coherence) KDANCE & Ruby
ソロ舞踏「水滴 うがつ身」踊ります
2013年12月28日(土)SPCダンス&シアターフェス#5 「インスパイア」
「ダンス、ずっとやるんですか?」と聞かれたことがある
かなりダンス馬鹿
2015年10月19日のWS内容
ソロとデュオ
12月16,17日にSPCFESに出演します
最近の自分の身体観
路上ダンス
それが美しさだということを忘れないぞ!!
2012年1月13日 作品発表 coherence
狭い意識
SPCFES15 に参加
「体の動かし方」の一つでしかない
舞踏駅伝2018で 踊った即興ソロの映像