KDANCE

足の上げ下げ 発見

by on 11月.11, 2017, under Note

僕ら(日本人?)は、足を下ろす時に「踏む」という。

「踏む」とは、「踏みつける」に近い。

つまり、力を掛けて、足で床・大地を踏みつけるのだ。

でも、考えてみれば、高いものを下にする時は、

重力の働きがあり、「力を抜けば」いいだけなのだ。

それなのに、わざわざ、「踏みつけている」のだ。

1,2,3とカウントいいながら、ステップをする時に

踏みつけているのだ。

踏みつける、「強さ」がアクセントになる。

じゃあ、その、足を離した時はどうなっているかというと

緩めて、離しているだけなのだ。

離している時は、意識はボケている。

だから、

だから、

裏カウントをつかめないままなのだ。

実は、まったく逆なのだ。

足を上げる方が、大変なはずじゃないか。

重いものを、わざわざ、上にあげるのだから。

わざわざ上げる時には、あげる力を使う

つまり、意識を使う、筋肉を縮めるはず。

そして、緩めて、足を床に置くのだ。

「踏む」のではない。

ラテンやアフリカンの足が、しっかりあがり

リズムに秀でているのは、そういう理由だ。

つまり、裏カウントの方が、意識も力も使うのだ。

見た感じの違いをずーと、なんか違うなあと思っていて

形を見比べて、実際に自分でやってみて、

発見しました。

もっと具体的に言えるけど、

このページでは、ここで抑えておきます。

だから何って、話になるけど

それは、まるで歩き方が、違うことになるということです。

コメントは投稿されていません

Comments are closed.

その他の記事

「体の動かし方」の一つでしかない
2009年 明けましておめでとうございます!
ロボットダンスに挑戦
作曲で手間取っています
ミーティングの前に
渋谷青い部屋【即興プラネットvol.2】
浮かぶ感じ
●KDANCE メールニュース
拮抗
今日のクラスメニューは
Kダンスシアター ダンスレッスン&公演参加者 募集案内
歩きということを上手くなる
新作 互(Coherence) KDANCE & Ruby
かた~い体を柔くする その1
こちらで踊ります SPCFES16
再演・舞踏デュオ公演 バガボンド(vagabond)
7/28 日曜日の「東京創造芸術祭2019」に参加し踊ることなりました
グループ感、ムーブメントなどのポイント
「どこへ行く?」公演終了
ジャンルなんて
音の学び
男性の踊り、女性の踊り
出演「a・la・ALA・Live」人形の家
リピートしない(PNメモ09/04/13)
即興と登山
リズム感
7/2,7/3はSPCFESにてソロ。7/24はアンダパンダン展にてソロ踊ります
wave三昧
空間みつめて1.5時間
2017年に向けて来年の創作構想(へそ茶が湧きそうな話ですが)
踊る前の前日の儀式?
舞踏駅伝2018で 踊った即興ソロの映像
韓国パフォ
ダンス馬鹿5 2008年12月21日に出演
1/11 ソロダンス公演KDANCE
ダンスシアター 2012年6/14 出演者募集
舞踏デュオ「バガボンド」まもなく公演
SPCフェスで振付作品発表と、さらにソロ踊ります。
12月22日、23日にアンサルブル公演予定
2014年11月16日 下記のイベントにて、ソロ舞踏作品「砂漠と月と男」を踊ります。
ダンス、すげーと思うところ
KDANCE トレーニングクラス
無重力感
踊り欲、ダンス禁欲
2015年10月19日のWS内容
振り付け
ダンス馬鹿 お礼
「ダンス、ずっとやるんですか?」と聞かれたことがある
サルサ入門クラスメモ
即興セッション会 mip をします 参加者募集中
Dance Medium 舞踏公演 出演します 2016/6.17-19
今日のジュース
新宿のストリート
Diana Vishneva: Beauty in motion – F.L.O.W part III
バランス 「乗っける」と「集める」の違い
路上ダンス
公演案内 12/19.20 ダンスシアター「トラベラーズ」
元気とは
ゆらぎの踊りのWS
故障しながら前に進む
ソウル国際振付フェスティバル2016 (SCF)
映像 11/1 中野文化祭「白い顔の男」
2015年6月10日(水曜日)と14日(日曜日)に踊ります
タンゴじゃ!
KDANCE 忘年会 12月28日によかったら来てください。
ウォームアップ
目的とコツ
初心者の方でも、ぜんぜんOKです
フラメンコ発表会
少し前にやった川崎での踊りの衣装です(^^)/
脳の話の最新本
真似男
狭い意識
世界の一部でしかない
SPCFES21にてラテンソロを踊る予定
今日の稽古まとめ
先週のクラスの自分の振り返り