公開用のページです。ログインしてなくても閲覧可能です。

足の上げ下げ 発見

僕ら(日本人?)は、足を下ろす時に「踏む」という。

「踏む」とは、「踏みつける」に近い。

つまり、力を掛けて、足で床・大地を踏みつけるのだ。

でも、考えてみれば、高いものを下にする時は、

重力の働きがあり、「力を抜けば」いいだけなのだ。

それなのに、わざわざ、「踏みつけている」のだ。

1,2,3とカウントいいながら、ステップをする時に

踏みつけているのだ。

踏みつける、「強さ」がアクセントになる。

じゃあ、その、足を離した時はどうなっているかというと

緩めて、離しているだけなのだ。

離している時は、意識はボケている。

だから、

だから、

裏カウントをつかめないままなのだ。

実は、まったく逆なのだ。

足を上げる方が、大変なはずじゃないか。

重いものを、わざわざ、上にあげるのだから。

わざわざ上げる時には、あげる力を使う

つまり、意識を使う、筋肉を縮めるはず。

そして、緩めて、足を床に置くのだ。

「踏む」のではない。

ラテンやアフリカンの足が、しっかりあがり

リズムに秀でているのは、そういう理由だ。

つまり、裏カウントの方が、意識も力も使うのだ。

見た感じの違いをずーと、なんか違うなあと思っていて

形を見比べて、実際に自分でやってみて、

発見しました。

もっと具体的に言えるけど、

このページでは、ここで抑えておきます。

だから何って、話になるけど

それは、まるで歩き方が、違うことになるということです。