公開用のページです。ログインしてなくても閲覧可能です。

目的とコツ

よくダンスのレッスンなんかで

「○○を大切にしよう」などということを習う。いわゆるコツということ。

かなり本質的で汎用的なコツもあれば、そうでないのもある。

ここでは「コツA」としよう。

コツAをその場でそれを覚えたり、マスターしたり、知識に入れることは

あるけど、いろいろ踊っていると、コツAがとても必要だったり、必要でなかったり

邪魔だったりすることもある。

いろいろやっていく中で、コツAがまさしく大事な場面に出会うことがある。

その時に初めて、コツAが腑に落ちるし、

ああコツAをもっとやれるようにしようと思ったりする。

逆にいうと、そういう場面に出くわして、コツAに対しての意識改革が行われないと

コツAをぐっと掴むことはできないのかもしれない。

コツと目的もしくは状況がセットにならないと、コツは宝の持ち腐れになっているのだろう。

タンスの肥やし?

コツは求めれば、求められるかもしれない。

でも、状況は、求めていかないと、いけないとかもしれない。