公開用のページです。ログインしてなくても閲覧可能です。

振り付け

振り付けとは、価値感・美意識の塊。

振り付けする人の、それの塊。

振り付けを踊るなら、その美意識に付き合うべき。

トータルコーディネートされた

ブランド化された

その独特の価値感を知る方がいい。

手をまっすぐにするか、それとも少し弧を描くのか

それは美意識。

人の美意識に触れる時間なんて、そしてそれを
体で理解しようなんて、日常の生活にはない。
だから、貴重。

人の振付で踊る時には、
どっぷりとその人の美意識に浸りたい。

それとは、違う話。

振り付けを踊るときには、何段階かある。

頭で覚える段階。

次はどうするという記憶にたよっている段階。

最初は、これからスターとする。

次に、体で覚える段階。

体の条件反射にしていく。

「体に入れる」という言葉になる。

次に、「振り付けを忘れる、気にしない」という段階がある。

ただ、踊れば、体がそういう風になっているので、
体がそう動くという段階。

そこまで行って、踊っている最中に
違うことを考えられる。
相手役の表情の分析だとか。
音楽の今まで耳に入ってこなかった楽器の音だとか。
それは、まるで、即興のように感じる。

振り付けされたステップ、とくにややこしくても
それには、意識は行かない。

そうなって、初めて、生きた踊りになる。
スタートできる。