公開用のページです。ログインしてなくても閲覧可能です。

「人形振り」について

人形振りだけで踊るダンスチーム「人形の家」を

やってもう一年以上経ちますが、「人形振り」を

改めて、概念ややり方などを少しメモしておきます。

[su_box title=”人形振りとは” box_color=”#f7e82e” title_color=”#1e1818″]まさしく、人形の振り、人形の真似なんです。
現在、舞踏の細田麻央とマイムの藍木二郎さんとチームを組み、 作品を作ったりしていますが、三人とも少し「人形の動きの印象」が違うのです。 それは、「人形」っていろいろあるからですね。

糸のあやつり人形
棒のあやつり人形
ゼンマイじかけの人形
そして現代のロボット
などなど
どれも人形なんです。

だから、どういうイメージの人形かによって、 動き方や動きの原理も異なってくるのです。

今は、三人がそれぞれのやり方だけでなく、お互いの影響を受けて 「人形の幅」を増やしているようにも見えます。なかなか面白いです。[/su_box]

よく「人形振りを習いたい、できるようになりたい」と言われることがあります。

とても簡単なことだけ、まとめてみたいと思います。

[su_box title=”人形振りのやり方” box_color=”#f7e82e” title_color=”#1e1818″]これは、あくまで自分の考え方です。 すくなくとも必要なことは、「部分運動(アイソレーション)」です。
一部だけ動かして、その他は動かさないという動きですね。

ほとんどの人形は軟体動物でもなく、また人間ほどの関節をもっていません。ですので、あるいど、「かつん、かつん」というダイナミックな部分運動が必要になると思います。

よくジャズなどレッスンではアイソレーションでのウォーミングアップがありますが、「人形振り」をするには、ちょっと足りないと思います。 動きの影響が小さいからです。
腰を動かすだけで、上半身がダイナミックに移動するようなものを取り入れていくと、人形感がもっと出ます。 「動かす」よりも、「動かさない」方が難しかったりします。

まるごと、いくつかの体のパーツは「動かさない」ようにグループ化して、動かすというようなことをすると、人形感が出ます。

また、「固定点(軸)」というトレーニングも必要ですね。 どこを止めておくのか、動きの支点はどこなのかというです。 これがあると、人間がやっているのに、なんか不思議、人形ぽいというように見えやすいです。

あとは、「緊張と脱力」ですね。これは、味付けということかもしれません。(長くなりましたので、またこれも機会があれば、書きたいと思います) [/su_box]

[su_box title=”間近の「人形の家」の出演イベントは” box_color=”#f7e82e” title_color=”#1e1818″]10/24 アラライライブにて出演 詳細コチラ

11/1 中野文化祭にて出演

12/26 or 27 SPCフェスティバルにて出演(検討中)[/su_box]

 

なお、ワークショップでも、「人形振り」専門ではありませんが、それの基本となるような動きやエクササイズはよくしています。興味あれば、お試し参加してみて下さい。