公開用のページです。ログインしてなくても閲覧可能です。

かたーい体を柔くする その3 猫背直しについて

気にかかっていた柔軟性に関する第三弾

「猫背」について
僕が思う猫背のイメージは
「肩が巻き込んでいて、背中が丸くなり、骨盤が後傾きしている」というものです。

やっぱり肩が巻き込んでいて、背中が丸いと、肩・胸・背中回りが硬くなりやすい、
そして、骨盤が後傾していると、前屈とかしにくいのではないかと、思います。

姿勢が悪いと、余計なところが緊張して、硬くなりやすいということです。

姿勢がいい(=パランスが取れていて、緊張が最小になっている)と、筋肉が余分な力が入らずに、硬くなりにくい。(動かしてないとだめだとは思いますが)

 

[su_box title=”よくある猫背の治し方だと” box_color=”#9dbde9″ title_color=”#1e1818″]正しいと言われる、姿勢をとにかく トレースして、それに力ずくで合わせようとする。
それだと、筋肉で頑張っているだけで、 疲れちゃうし、よけい凝っちゃいますよ。
あと、「胸を開く」ように無理やりするとか 「とにかくまっすぐ」とか 「骨盤を前にする」とか 部分を頑張る方法、 これもやはり筋肉が硬くなっているのだから つらくなっちゃいます。

頑張るところで、筋力を使っちゃっているからですね。[/su_box]

 

で、ある部分から、やっていくと、ほどけていくように、姿勢がよくなると思います。
(経験上ですが)

[su_box title=”最初にスタートするところは” box_color=”#9dbde9″ title_color=”#1e1818″]「おなか」の筋肉だと思います。 猫背の人って、おそらく、腹部の筋肉が硬い人が多いと思います。
筋肉でいうと、大腰筋や横隔膜のところ。
一番簡単なのは、大きく呼吸を何回もして 横隔膜を動的ストレッチします。 もし、それでも硬いなら、みぞおちから肋骨の下の部分などに指を入れて 少しマッサージするといいと思います。 固まっていると、とても痛いです。 柔らかくなっていると、痛くないです。
それから、うつぶせに寝て、 両手で上体を持ち上げて、背中をそらせてください。
ここで注意するのは、これは、「背中をそらせる」運動ではなく あくまで、「おなかの筋肉をストレッチする」運動だと 意識することです。

ワークショップでこれをやるときには、このポイントをいつも言っています。

ブリッチみたいなものでもいいかと。(本当のブリッチは疲れると思うので、肩をつけた半分のブリッチや椅子を使ったりすると楽かな)
「背中をそらせる」と考えると、背中の筋肉を収縮するということに なり、そういうことをすると、背中が痛くなります。 そうではなく、背中の部分は、脱力して、 おなかの部分の筋肉を伸ばします。 よくわからない方は、おなかの「皮」を伸ばすと考えてもらっても いいかと思います。(実際は、大腰筋などをストレッチしているのですが)

しばらく、1分くらいこれでストレッチしてから、 普通に立ってみてください。
ちょっと姿勢がよくなっていませんか? 理想のS字に少し近くなっていませんか
寝たら、また戻るかもしれません。 でも、そしたら、またやります。 そうして、少しずつ少しずつ、1mmずつ変化していくのを楽しんでください。
腰椎部分のS字が作られてくると、「背中を丸く」することが 今度は、苦しくなり、自然に「背中がバランスをとって、丸みが消えていきます」、そしたら、「肩も少しずつ後ろに広がっていく」かと。
少し変化を感じてから、胸の筋肉や肩回りの筋肉をほぐして、ストレッチすると、より効果的かと。[/su_box]

 

次は、「首こり」の話ですね。
「首こり」もけっこう全身に影響あるような気がします。