公開用のページです。ログインしてなくても閲覧可能です。

性格や考えや価値観を自分だと思うこと

<自分というものは、自分の考え方ではない>

自分の性分や気質というものがあると思っているが

考え方、考え、価値観などいろいろ

そういうものが、自分だと思って人はいたりするが

赤ん坊の息子を見ていて、

それは後天的なものであって

あなたのカラダこそが、変わりにくい本質であり、

どうとでも変わる気質や価値観の受け皿かと思う。

体験やそこでの思いが、その人の人格形成をするが、

それも、タマタマなんだと、知っておくことも必要かと。

そういう体験に影響されただけだということを。

 

<シンプルな子供、シンプルでなくなった大人>

物事に影響される前の

赤ん坊を見ていると、とても単純だ。

「お腹が空いたら、泣く」、とてもシンプルだ。

小学生くらいの時も、とても思考はシンプルだった。

高学年になってから、少しずつ、翌日に引きずるような思いができていたが、

それまでは、翌日に引きずるような思考はなかった。

いろんなことに出会い、比較したり、気にしたりして

どんどんと、要らぬことを考えるようになるような

最近は、そういうことを「思考のお漏らし」と自分では

考えている。

過去のことを混ぜっ返したり、人と比較してあれこれ思ったりは

「思考のお漏らし」かと。

知らないでいるべきことは、知らないでいるということも必要かと。

 

国際社会は、いろんな問題があるが、子供が聞いても、

とても退屈なニュースでしかなかった。

それよりも、ちょっとした家庭や友達のとのやりとりが大事だった。

そういうことは、とても大事かと。

外よりも内。

内から始めて、外になる。

幼稚園の縮図が、国際社会という子供クラスになっているみたい。

 

<子供から学ぶこと>

例えば、学ぶということは、「好奇心をつなげていく」ということだと思うが、

それを他人と比較して、競争したりするのは、本質的ではなく

やはりエネルギーもお漏らしであり、ストレスというカビの繁殖かと。

息子を見ていると、とてもシンプルに生きている。

僕も、もう少しシンプルになっていきたいと思った。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。