KDANCE

Archive for 4月, 2009

男女論

by on 4月.22, 2009, under 未分類

建畠さんが、言った。

「女って、どう表現したらいいかわからない。」

建畠さんは、日本大学芸術学部美術学科(彫刻コース)教授をされています。

永遠のテーマである「男女論」

これがモチーフになったコラボです。
先日、ダンスシアターの公演が終了したばかりなのですが、
今週の土曜日に、美術作品とのコラボレーションダンスをしますので
ご案内させてください。

一緒にデュオダンスをしてくれる平田明子さんとのデュオになります。
平田さんは、イギリスで振付を学んできた方で、
数年前に僕が企画したイベントに、作品を出してくれました。
その作品が、とても構築されたものでしたので、
とても関心して、今回デュオを依頼しました。

今回、ダンスシアターの作品を自分で手がけるにあたり、
作品つくりの構造などについては、たぶんに影響を受けました。

今回コラボとなる美術は、建畠朔弥さんの作品です。
建畠さんの出した、「男女論」が今回のモチーフになっています。
理解しあえぬ男と女。その違い。その距離。

共演する平田さんとは、ダンス創作について
けっこう真逆の方法をとっているなあと話していました。
平田さんは、西洋的な手法。
僕のは、やはり舞踏的な手法。

距離をつめようとすればするほど、違いが浮き彫りにされていきました。
その時間はとても貴重でした。

今回の男女論のモチーフに重なりました。

これまでの同シリーズの美術家とのコラボは、
共演者がいても、紙田色がけっこうあったと思いますが、
今回は、そうともいえないような作品になりそうです。

とても新鮮です。

ぜひ、お時間ありましたら、お越し下さい。

会 期:2009年4月25日(土)
時 間:開場18:30 開演:19:00
入場料:予約2,000円 当日2500円
会 場:キッド・アイラック・アート・ホール
156-0043 東京都世田谷区松原2-43-11

予約については、メール、メッセージ、問い合わせフォームで返信してください。
お名前と枚数をお願いします。
「一応、行くかもしれない」でも結構です。

男女論 はコメントを受け付けていません。 more...

5.24作品制作メモ 浮く手

by on 4月.21, 2009, under ダンスノート

芽衣さんとのデュオ作品

今日は「流れ、うごめく体」をやりました。
こういうのは、舞踏的な特徴なので、とても楽しい練習です。
体が喜んでいるのが、わかります。
体をパーツではなく、もっと細かいところまで、意識をいれようとします。

すこし僕は、速くなってしまうことが多いので、注意です。
体感スピード度と外から見たスピードがずれています。
体感を重視するタイプの踊りでもあるので、なかなかうまくいきません。
別の体感イメージをもってこようかと思います。

◆「浮く手」
トウでたつと、手の浮遊感の感触が変わる。発見でした。
その感覚で、トウを使わないという練習もできるだろうし、
全部、トウで立ってしまうという手もあるなあ。

5.24作品制作メモ 浮く手 はコメントを受け付けていません。 more...

ダンスシアター公演 18日の状況

by on 4月.17, 2009, under 日記

18日の予約は、満席状態近くになっています。

本日19時まで予約の連絡を出演者や僕に連絡してくれた方は
大丈夫です。19時以降の予約は、18日分については
打ち切らせていただきました。

当日の方は、予約された方が入ってから、受付いたします。

もし、19日の方に移動されることも可能です。
19日の方が、余裕がありそうです。

さて、今日はリハーサルをしてきました。
出演者に大きなリクエストをしてきました。
それは、前のシーンの状況次第で、
自分のシーンのテイストを変えて欲しいということ。
舞台は生ものであるから。

ダンスシアター公演 18日の状況 はコメントを受け付けていません。 more...

ウォームアップ

by on 4月.16, 2009, under ダンスノート

一般的なフォームアップは意味がない。

個性的であるべきだし、
研究されているべきだし、
状況によるべきだし、
体だけのことではないし。

ウォームアップ はコメントを受け付けていません。 more...

制作メモ KID & ダンスシアター 09/04/16

by on 4月.16, 2009, under ダンスノート

昨日はKID公演の練習と、ダンスシアターのデュオ部分の練習の二本を
やった。

◆KID

冬から春、春から夏の夜のシーンでは、
白ヘビ→春の風→春の蜘蛛→空を飛ぶ蜘蛛
という流れができました。

最終シーンの構想出し
先日、発想したいくつかの自分のムーブメントではダメだということ。
あれは、踊りのビジョンが見えてない中で、たんに出しただけだった。
どういう料理になるかも見えていないなのに、スーパーで、
目に付いた食材を買い込んでしまったようなもの。

そこで、相手のダンサーの踊りをずっと見ていて、そこから浮かぶイメージを
取捨選択しながら、決めていくようにした。

◆音楽と照明の話
演出と同等の権利をもつ音楽と照明がいてもいい。
音楽と照明は、インプロ。ダンサーにリアルに刺激を与えつつ、
全体の感触を判断して、しかけていく。

◆ダンスシアター タンゴ的デュオ
偶然を逃さない
偶然的に発生した身体に、驚くほどの宝がある。
それで、言葉のシーンを解決した。
そもそも言葉を使うセオリーとして、身体性は必須というルールを
もってもよかった。

牛の角での戦いみたいな振付をおさらいでやるのを忘れた。
相手を威嚇するソロの交差→肩押し、タンゴ→牛の角
→回転ひとり表現→背中あわせ→背負い→蹴りフォルム
→言葉と足→スローな回転

制作メモ KID & ダンスシアター 09/04/16 はコメントを受け付けていません。 more...

Looking for something?

Use the form below to search the site:

Still not finding what you're looking for? Drop a comment on a post or contact us so we can take care of it!