KDANCE

Author Archive

拮抗

by on 5月.02, 2018, under 未分類

フラメンコの美学とは

拮抗

なのかもと思いました。

下は土俗で、上は天上界

右も、左も、許すまじ。

まるで、ヨガのポーズのように。

ねじっても、ねじり戻す。

ドMの「中庸感」

酔っているようで、酔わない。

ぶつかりあうような、拮抗感。

中庸というような、穏やかなものではない。

ちょっと思いました。

Leave a Comment more...

ダンス、すげーと思うところ

by on 5月.02, 2018, under Note

人間て、すげーと思わせてくれるところがある。ダンスには。

いいことをしたとか、
人類に役に立つことをしたとか
記録を作ったとか
発明をしたとか
そんなことではなく

「人間ってすげー」とダンスを見ていて
思う時がある。

運動神経、身体能力、抜群のすごい動きを見ても、そうは思わない。

猿が星空を見ながら、泣いている

そういう心がざわめくようなものを、切り取るのが
人間とは、なんと凄いものだと思う。
他の動物にはないだろう。

一つの動きやポーズに、なんどもダメ出しをして、
動きやラインや間やリズムを求めていく。
そんな動物はいないだろう。

「美しさ」という価値観で、物事を見るということが、
人間って、すげーと思う。

美しさも、いろいろある。
静的な美しさもあれば、荒ぶる美しさもある。
醜さの中の美しさもある。
方向性はたくさんある。

美しさの方向性に共感して、理解したときに
美しさを共有できる喜びがある。
おそらく、マニアックであればあるほど、喜びは大きいのではないだろうか。

ダンスは、「星空を見て泣いている猿は美しい」という提示をしたのではないだろうかと思う。

手本は、いわゆる「乗り換え案内」みたいなもので、
実際に辿る自分のリアリティは、別だし、逸脱こそ、大事ではないだろうか。
「乗り換え案内」をたどっても、旅をしたとは言えないみたいに。
手本は、ライバルである。手本にひれ伏すか、手本に対峙するか。

Leave a Comment more...

スタジオ横の珈琲専門店

by on 5月.02, 2018, under 日記, 未分類

東中野のフラメンコスタジオ横にある雰囲気ありで、かつかなり珈琲が上手いお店。

ソファー席でゆっくり。

フラメンコは、

今度の木曜日に

立川フラメンコフェスティバルでも踊り、

その後もなにやらフラメンコでの話が出てきた。

しばらくは流れのままに

運ばれるままに

してみようかと。

下は明日の衣装予定です。

Leave a Comment more...

立川フラメンコフェス

by on 4月.29, 2018, under 日記

5月3日の立川フラメンコフェスに参加してきます。

路上で二時間くらい

フラメンコのセビジャーナスを

踊り続けるという。

13時くらいから

立川の南口あたりです。

お祭りみたくなるみたい。

Leave a Comment more...

フラメンコ踊ってきました

by on 4月.15, 2018, under 日記

昨日、フラメンコの発表会、無事終わりました。

 

ブエルタ(回転)のラストポーズ4回も無事決まり、
まずは、第一歩を踏み出せたかと。

(この写真のポーズより、2回転します。それを各パートのラストで4回やりました)

貫禄づけに、ヒゲ伸ばしたい!!

もう何年もやっている方の踊りを見て、

フラメンコは難しい踊りだなあと

でも、思いました。

Leave a Comment more...